熊本ホームケアクリニック (緩和ケア:熊本都市圏)
在宅緩和ケアの専門診療所 ( 在宅療養支援診療所 機能強化型  くわみず病院 : 連携型 )

◎ ◎ 新規の「在宅医療」: ( 非癌・癌の担当 : 可能 ) な状況です。(2018/10/19現在) ◎ ◎

日本緩和医療学会 認定研修施設  開院日: 2005年10月04日 (保険診療:12年12ヶ月目)
熊本大学医学部附属病院群・卒後臨床研修プログラム 臨床研修協力施設 (担当:緩和ケア)
            
熊本県 熊本市 の「超高齢・多死社会」に備えるエンド・オブ・ライフケア
       (人生の最終段階における医療・ケア)の視点で在宅医療を共に支えます。

  <ホスピスマインド>を大切にするクリニックとして、適時・適切に医師が診察を行い、
訪問看護ステーションと当クリニック看護職との連携により、在宅医療を担当しています。

<情報> 『婦人公論』 2018/03/27 No 1490 (特集) よい医師、よい病院、よい治療法
              (完全保存版) 全国・在宅医療を行う診療所リスト 417
   熊本 (2診療所 掲載):  熊本ホームケアクリニック  ひまわり在宅クリニック

<企画案>  医療サービス情報を適切に提供する勉強会 
2019年02月ころ 「在宅医療に関する内容」(演者: 未定)
詳細が決まりましたら、ご案内いたします。
     
    これからも心の声を聴きながら、「 地域と時代の要請 」に応えていきます。
            これまでの癌における緩和ケアの経験を、
      医療依存度の高い疾患や高齢者に多い病気に生かしています。

      
〒862‐0954  熊本市 中央区 神水(くわみず)1丁目19−21-101

TEL (096) 387 - 2918  FAX (096) 387 - 2917  MAIL: homecare@buz.bbiq.jp
                 熊本ホームケアクリニック  院長  井田 栄一

<ミニ情報> (高齢者の体重減少は危険か?) BMIが低いほど危険度は高くなるが、
無理ない運動・栄養による体重管理なら健康寿命は延びる。日本医事新報:2018/09/01

        
Text Size : A A A
| トップページ | お知らせ (2018/09) | 在宅医療の動態 (2016/11) |
| 熊本ホームケアクリニックのあゆみ (2018/07) |
| 特別臨床実習(クリクラ)&諸研修 (2018/10) | 担当地域(2018/06) | 医療費 (2016/02) |
| アクセスマップ | サイトマップ | 関連リンク集(2018/05) |

◎特別臨床実習 ( クリニカル・クラークシップ )  更新: 2018.06   

対象: 熊本大学医学部 医学科 5年生 6年生
     産科婦人科学  学外実習 (水曜日・木曜日)
教育指導責任者: 熊本ホームケアクリニック 院長 井田 栄一
                (熊本大学医学部産科婦人科学 非常勤講師)

特別臨床実習  8:45~12:30(3:45) 13:30~16:45(3:15)

到着希望時間     8:30~8:40くらい

在宅医療を実習の主軸としますが、
熊本市内の緩和ケア病棟の見学研修も組み込んでいます。
ご希望に基づき、研修内容を調整します。

*研修内容と到達目標 (教育指導責任者: 院長 井田 栄一)

① 在宅医療から、必要な臨床的知識や態度を修得し、医学の本流を学ぶ。
  女性医学の視点から、在宅医療について視野を拡げる。
② 緩和ケアは、基本的な医療の継続により、
   「身体と心と魂の安らぎ」をめざすことを理解する。
   〜 対象疾患: 癌および非癌疾患
③ 緩和ケアの主軸となる、癌疼痛マネジメントを習熟する。
④「緩和ケアの三角形」を理解し、緩和ケア病棟での見学研修も行う。

*応募できる初期研修医師は、半年間以上、喫煙習慣のない方です。

服装: 診療において、白衣は着用していません。
    失礼に当たらないと思われる服装であれば良いと考えます。
昼食: 弁当持参または弁当の注文

地図:  (Click!) 

選択歴: 産婦人科(選択)2016/02 2018/04,06
選択歴: 産婦人科(必須)2018/07/09,09,12 2019/06,06

ご不明な点は、ご遠慮なく、お問い合わせください。

●募集: 初期研修医師 (選択: 緩和ケア)  更新: 2018.06

熊本ホームケアクリニックは、日本緩和医療学会 認定研修施設です。

熊本大学医学部附属病院群・卒後臨床研修プログラム
臨床研修協力施設(診療所)で、選択:「緩和ケア」を担当しています。

*担当期間: 1か月間 または 2か月間
         選択「緩和ケア」は、1年目でも2年目も研修可能です。

*研修内容と到達目標 (教育指導責任者: 院長 井田 栄一)

① 在宅医療から、必要な臨床的知識や態度を修得し、医学の本流を学ぶ。
② 緩和ケアは、基本的な医療の継続により、
   「身体と心と魂の安らぎ」をめざすことを理解する。
   〜 対象疾患: 癌および非癌疾患
③ 緩和ケアの主軸となる、癌性疼痛マネジメントを習熟する。
④「緩和ケアの三角形」を理解し、基幹病院の緩和ケアチームおよび
   緩和ケア病棟での見学研修も行う。
⑤ より早い時期からの緩和ケアについて、
   「癌診療を支える在宅緩和ケア」の視点から学んでいく。

*応募できる初期研修医師は、半年間以上、喫煙習慣のない方です。

*初期研修医師の研修担当実績: 14名/10年間 (計:16か月間)
・2014~2017年度: 1か月間(0名)
・2013年度: 1か月間(1名)
・2012年度: 1か月間(2名)  ・2011年度: 1か月間(3名)
・2010年度: 1か月間(1名)  ・2009年度: 1か月間(3名)
・2008年度: 1か月間(2名) 2か月間(2名)        
2008〜2010年度: 担当 〜 「緩和ケア」および「地域保健・医療」
2011年度〜: 担当 〜 「緩和ケア」
            

<募集・休止中>: 非常勤 在宅医療 担当医師  更新: 2015.12

・勤務の時間帯  9:00〜12:00 (週1回)

・業務内容  訪問診療 (1回に付き、2軒 訪問)

・担当地域  熊本市 中央区・東区

・同行職員  看護師 (担当: 医師の診療補助および車運転)

・勤務条件  半年間以上、喫煙習慣のない方   委細面談に応じます。

         子育て中の方で、初期研修の修了直後の方でも応募可能です。

・問合せ先  homecare@buz.bbiq.jp  電話:(096) 387−2918

*熊本ホームケアクリニック  2005年10月開設
 在宅療養支援診療所 (強化型)
 熊本大学医学部附属病院群・卒後臨床研修プログラム
               臨床研修協力施設(診療所) 担当: 緩和ケア
 日本緩和医療学会 認定研修施設