熊本ホームケアクリニック (熊本都市圏の緩和ケア)
在宅緩和ケアの専門診療所 ( 在宅療養支援診療所 機能強化型  くわみず病院 : 連携型 )

◎ ◎ ◎ 新規の「在宅医療」: ( 担当 : 可能 ) な状況です。 (2018/05/22現在) ◎ ◎ ◎

日本緩和医療学会 認定研修施設  開院日: 2005年10月04日 (保険診療:12年07ヶ月目)
・熊本大学医学部附属病院群・卒後臨床研修プログラム 臨床研修協力施設 (担当:緩和ケア)
             熊本県 熊本市 の「超高齢・多死社会」に備える
エンド・オブ・ライフケア(人生の最終段階における医療)の視点で、在宅医療を共に支えます。


<情報>  『婦人公論』 2018/03/27 No 1490 (特集) よい医師、よい病院、よい治療法
              (完全保存版) 全国・在宅医療を行う診療所リスト 417
       熊本 (2診療所 掲載):  熊本ホームケアクリニック   ひまわり在宅クリニック

<企画中>  医療サービス情報を適切に提供する勉強会 
           企画: 2018年06月07日(木) 14:00〜15:30
               「緩和ケア病棟と在宅医療の上手な使い方」
                  (演者: 井田 栄一 熊本緩和ケア情報センター 代表)
会場: 熊本県市町村自治会館 別館(2階・小会議室)
        熊本市東区健軍1丁目5−3   主催: 熊本緩和ケア情報センター


「在宅緩和ケア充実診療所・病院 加算」の届出受理 医療機関 (2016/4-8, 2016/12-2017/3)
( 緊急往診: 年間 15件以上 ・ 在宅看取り: 年間 20件以上/毎月末、過去12ヶ月分集計 )
    在宅医療÷(在宅医療+外来医療)=0.95未満 2016/04〜 

<報告>   2016/11/01 <ホスピスマインド熊本>(仮称)創りを始動
      熊本市の在宅医療を支える「緩和ケアの三角形」構築を継続中
   
これからも心の声を聴きながら、「地域と時代の要請」に応えていきます。
基本的な医療により、『地域密着型サービス事業所』の介護を支えます。 ご相談ください。

Text Size : A A A
| トップページ | お知らせ (2018/05更新) | 在宅医療の実績 (2016/11更新) |
| 熊本ホームケアクリニックのあゆみ (2017/02更新) |
| 特別臨床実習&諸研修 (2018/04更新) | 担当地域(2016/03更新) | 医療費 (2016/02更新) |
| アクセスマップ | サイトマップ | 関連リンク集(2018/05更新) |
<医療費>

・医師の診療は、医療保険が適応されます。

・看護師の訪問は、医療保険または介護保険の利用に分かれます。

例)
     癌: 医療保険が適応されます。
非癌疾患: 介護保険の認定を受けている方は介護保険が適応されます。
          それ以外の方は、医療保険が適応されます。

・在宅医療の医療費はやや複雑ですので、詳細はお問い合わせください。


@ <在宅療養に関する 「費用の合算」 (1)>  2011年04月 現在

(在宅療養費)

お支払いになられる1か月間の診療費・薬剤費および
訪問看護ステーションによる訪問看護費は、合算することができます。

他の医療機関でお支払いになった診療費も合算することができます。

合算の結果、ある一定額を超えた金額は、高額療養費として支給されます。

<70歳未満の方>

その都度の申請が必要です。

1つの医療機関および訪問看護ステーションへのお支払額が、
それぞれ、21,000円を超えた場合に合算することができます。

合算にて、次の一定額を超えた金額は、高額療養費として支給されます。 「多数該当」の適応: 70歳未満および70歳以上の現役並み所得者

(ア) 標準報酬月額 83万円以上 → 252,600円 以上

(イ) 標準報酬月額 53〜79万円 → 167,400円 以上

(ウ) 標準報酬月額 28〜50万円 → 80,100円 以上

(エ) 標準報酬月額 26万円以下 → 57,600円 

(オ) 低所得者 → 35,400円 

<70歳以上の方>
 
・70歳〜74歳の方は、その都度の申請が必要です。

・75歳以上の方は一度役所にて申請をすると
その後は自動的に支給されます。

各々の医療機関および訪問看護ステーションへの
お支払額に関係なく、合算することができます。

合算にて、次の一定額を超えた金額は、高額療養費として支給されます。

(W) 現役並み所得者(外来) → 44,400円

現役並み所得者(外来+入院) → 80,100円以上

(V) 一般 → 12,000円(外来)   44,400円(外来+入院)

(U) 低所得者U(外来) → 8,000円   24,600円(外来+入院)

(T) 低所得者T(外来) → 8,000円   15,000円(外来+入院)

A 委任払い: 保険調剤薬局  熊本市(70歳未満)

(1) 保険調剤薬局: 委任払いへの同意が必要

これまでに薬局で委任払いの取り扱いがなかった場合は
薬局が市役所に対して口座を登録する必要があります。
→ 薬局へ口座登録をお願いしてください。

(2) 市役所での手続き: 本人・家族が薬局の同意を得て、持参するもの

・薬局の請求書        ・同じ月の医療機関の領収書
・保険証
・限度額認定証(あれば) ・認印

(3) 委任払いの書類: 市役所で発行された書類を薬局へ提出

*医療機関への支払:
  ・限度額内の場合 → 薬局へ限度額まで支払う。
  ・限度額の支払いが終了 → 薬局での支払いはない。

*照会先: 2011年7月21日 熊本市役所 国民健康保険課
 

B <在宅療養に関する 「費用の合算」(2)>  2011年04月 現在

(介護費)

医療費と介護費についても合算することができます。

この場合は、1年間(毎年8月〜翌年7月末)の計算となり、
申請が必要です。
合算にて、次の一定額を超えた金額は、高額療養費として支給されます。

<70歳未満の方>
上位所得者 → 126万円 以上
一般 → 67万円 以上
低所得者 → 34万円 以上

<70歳以上の方>
上位所得者 → 67万円 以上
一般 → 56万円 以上
低所得者U → 31万円 以上
低所得者T → 19万円 以上